心温まる対応を

安心を与える看護とは?

患者が何を求めているのか

病気や怪我を治療するために病院に入院している患者にとって、心配な事はとても多いです。例えば、自分の病気について主治医からの十分な説明が無い場合には、今後の治療について患者は不安になってしまいます。そこで、看護師に求められる役割としては、十分な説明をする事によって患者に安心を与えるという事です。

患者は多くの場合、自分の罹っている病気について詳しい知識を持っていません。そのため、自分の体調が急に悪くなってしまった場合、それが病気が原因の物であるのかを判断する事が出来ません。そのような場合、医師から病状について患者への説明がされる事がありますが、それだけでは患者は十分な理解をする事が出来ない傾向にあるのです。そこで、看護師に求められる役割としては、現在の病気の症状の説明と治療の経過を丁寧に説明してあげる事が挙げられます。患者は、自分がこれからどのような治療をうけるのかを知る事によって、安心感が生まれたり心構えが出来るので、これからの治療に対して前向きになって貰う事ができるのです。また、服薬指導や体調管理の必要性を十分に説明する事によって、より健康的な生活を送る事ができるように患者が努力をしてくれる可能性が高まります。患者に安心を与える事によって気持ちが穏やかになり、病気の治療に対しても協力的になってくれる事が考えられます。患者の精神面の状態というのは治療に大きな影響を与えるので、看護師が果たす役割は非常に大きいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です