心温まる対応を

安心を与える看護とは?

心と向き合うように意識する

患者から見ると、印象の良い看護師と悪い看護師がいることがあります。悪い印象を与えてしまう姿の一つとして、目を合わさずに対応する姿があります。目を合わさない姿は、隠し事をしている姿として映ってしまいかねません。どの様な作業内容であろうとも、一度、目を合わせる事によって患者に安心を与える事が出来ます。看護師の仕事が忙しい環境であれば、自身の心が興奮状態となり、会話などのリズムが早くなってしまう事もあります。言葉のスピードが早まっている姿は、あまり対応したくない姿として映ってしまう可能性もあります。患者が話すスピードよりも、会話を少し遅めに心がける事も大切です。

看護師の仕事を長く続けていると、仕事をこなすこと自体が機械的になってしまうことがあります。体の仕組みは機械的な仕組みとしての一面を持ち合わせているためです。この様な心理状態に陥れば、患者の心に視点を向けにくくなり、お互いロボットと接している様な姿になりかねません。患者に安心を与えるためには、常に人の心に対して意識を向ける事が大切です。そのためには、人の心情を扱った映画やドラマなどを観覧する事もお勧めです。仕事内容によっては休みが不定期となり、プライベートの時間において人と接する時間が少なくなってしまう可能性もあります。患者に安心を与えるためには、出来るだけ人と接する時間を設け、一般の人と同じ心情を持ち合わせておく事も大切と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です