心温まる対応を

安心を与える看護とは?

一番大事なこととは

看護師の業務を一言で言うと、医療現場での医師のサポートということが挙げられます。医療の役割は患者の治療です。手術、投薬など様々な医療技術を駆使して治療を行うことはもちろんですが、患者に安心を与えるという精神的ケアも重要な業務となってきます。しかしながら、精神的ケアは実際でどれだけ患者と深いコミュニケーションを取ることが出来るかが重要で、それには多くの患者と関わる機会と時間を有します。以前の医療現場では医師がこの役目を一人で担い、医師が患者の容体を判断し、医療スタッフに指示を出すというシステムがほとんどでした。しかし、現代の医療現場は、医師を含め看護師、薬剤師、栄養士などが一人の患者に対しチームで対応し、それぞれ患者に対しての医療情報を共有しています。

特に現場で患者と接する機会や時間の長い看護師の役割は重要で、患者の精神的ケアに大きな役割を担う立場になってきました。以前は患者は自分の治療に関する医療情報は医師から得る情報がほとんどで、医療スタッフの情報を信頼するしかなく、ある意味患者の精神的ケアがしやすい部分がありました。しかしインターネットの普及により、様々な情報が得られやすくなり、不安やストレスを抱える患者が多くなっています。患者は不安を払拭するため話をしたがっているのです。その為、医療現場で働くスタッフの患者とのコミュニケーションが非常に重要となってきています。患者を安心させるには科学的根拠に基づいた知識が必要です。患者に安心を与える看護師には、科学的根拠のある正しい知識に基づいた優しいコミュニケーションが重要なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です